記事の詳細

エス&ケイ(株)は、企業活動における情報漏洩対策について研究し、企業側の使い勝手を考慮したシステムの開発と提供を行っています。特に個人情報の漏洩は近年問題になっており、最近ではそれによる集団訴訟が提起されて話題となりました。情報漏洩の原因としては企業内と外部と大きく二つが挙げられ、そのほとんどが内部でのミスです。内部ミスで最も多いのは、メール等の通信手段で宛先や添付ファイルを間違えたりWebサイトでの設定をミスしたりなどの誤操作によるものです。また、誤破棄や紛失のような情報管理の不徹底や金銭目的など故意の場合もあります。外部要因は、業務委託などで提携している先での誤操作や紛失、そして悪意のあるサイバー攻撃などです。いずれにしても、情報漏洩は企業の信頼が著しく損なわれ大きなダメージとなりますので、集団訴訟対策も視野に入れて細心の注意を払うことが不可欠です。

そこでエス&ケイ(株)では、企業の損失を未然に防ぐために、情報漏洩の原因となり得る要素を徹底的に取り除く様々なソリューションを提案しています。例えば多発しやすいメールの誤操作には、データの暗号化をはじめ誤送信対策機能を搭載したシステムの導入が効果的です。また、タブレットなどのモバイル端末は業種によっては非常に便利ですが、多く活用するほど紛失などのリスクは増大することになります。その場合には、リモートアクセスを運用して管理すればセキュリティの強化が可能となり、万が一のときでも被害を最小限に食い止められます。印刷物からの情報漏洩対策は、いつ誰がどこでどのような情報を印刷したのかを把握するかが大きなカギとなっています。印刷機の暗証番号などの個人認証機能や、印刷した情報のデータ転送などは重要な情報を守る上で有用です。外部からのサイバー攻撃に対しては、サーバ監視や不正な通信の遮断などシステムでの管理が絶対条件です。

エス&ケイ(株)は、様々な企業のニーズに対応すべくあらゆる視点からの研究や開発を繰り返した上で、企業活動の効率化や安全性を支え、互いに信頼関係を築きながら、高品質のシステムを提供し高い評価を得ています。情報の漏洩や流出の防止は、大規模な損害賠償を引き起こす集団訴訟対策として最も重要な取り組みの一つです。自分の会社は大丈夫だろうという過信は、ミスを招くきっかけとなります。管理状況の見直しや社員一人ひとりの意識喚起、そして現時点で防止策として最適のシステムはどういうものかについて検討し、常に危機感を持って情報を取り扱うという姿勢が、これからの企業には求められています。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る